上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
夢の国で会いましょう。【4】 明けない夜を願って-LAI 2007年03月17日[03:18]
「さあ、着いたぞ」

無理矢理乗せられた馬車に揺られて30分。
デュミエール邸は、あたしの知っている道明寺邸以上に立派で。
・・・というか「お城」そのものだった。
思わずぽかんと口を開けてしまったあたしに、
こっちの世界の道明寺はぶっと吹き出して笑った。


「お前、相変わらず馬鹿面だな」

「・・・馬鹿に『馬鹿』と言われたくない」

「あ?何か言ったか?」


多分聞こえたんだろうけど、聞こえないふりをした道明寺は、
馬車を降りると、ぐずぐずしているあたしの体をひょいと持ち上げて降ろしてくれた。


「・・・あ、ありがと」

「おう」


何か、調子が狂う。
現実の、あたしが知っている道明寺よりも、こっちの道明寺は口の悪さは同じだけど・・・
どちらかというと紳士的で優しい(気がする)。

美しく手入れされた広い庭。
開かれたドアの先には、昔、道明寺邸で見たのと同じように
使用人の人達がずらっと並んであたしたちを迎えてくれた。


「お帰りなさいませ。デューミエール様」

「おう」


そのとき、一人の若い女性があたしの方へ笑顔で近寄ってきた。
それは見たことのある顔だった。


「まあ、ツクシ様。いらっしゃいませ。今日は、ツクシ様の好きな
新しい花を仕入れたのですよ。よかったら見ていかれませんか?」

「え? 桜子? どうしてここにいるの?」


メイドの服を着てあたしに笑いかける女の子は、紛れもなく桜子だった。びっくりするあたしの顔を見て、桜子は不思議な顔をした。


「桜子? 私の名前は『サクラ』ですわ。
ツクシ様ってばお忘れになったのですか?サクラ、悲しい」

そう言って、ショックを受けたように顔を伏せて少し涙まで浮かべているサクラは、あたしの知っている桜子から小悪魔的な性格を無くしたように見えたのだった。
どうやらこの世界のツクシは、デューミエール家の使用人達と上手くやっているようだ。
あたしは何て答えたらいいのかわからず、困ったように道明寺を見た。

「ああ、こいつ、ここ数日間の記憶がないようなんだ。
で、医者に診せるために連れてきた。いつもの部屋に案内してやってくれ」

「・・・まあ! そうでしたか。それはお気の毒に。
すぐ主治医をお呼び致します。ツクシ様はこちらへどうぞ」

「そういうことで、また後でな」

ニッと笑って手を振ると、道明寺はすぐ秘書らしい人と話し始めてドアの向こうに消えた。
あたしは桜子にそっくりな「サクラ」に連れられて、この世界の道明寺の言う「いつもの部屋」に向かった。「いつもの部屋」というくらいだから、何度もこの世界のあたしはデューミエール邸に来ているのだろう。
優しいサクラに時折体調を心配されながら(桜子そっくりだから調子が狂う)、長い廊下を歩いて案内された部屋を見て、あたしはこの世界のツクシがいかに大切に道明寺に想われているのかわかってしまった。

この世界のツクシも、多分贅沢があまり好きではないらしい。
豪華な装飾品がない代わりに、ツクシの好きそうな花が所々に美しく飾られている。
ツクシが過ごしやすそうに、できるだけ気を使わなくてもよいように部屋の色は白で統一され、思ったよりも広くない部屋だった。
花が好きらしいツクシがいつでも外に出て花を見られるように、
暖かな日差しの差す窓の向こうには、色とりどりの花が咲き乱れているのが見える。


元の世界の道明寺邸で過ごした記憶が蘇る。
ぼんやりとしているあたしをベッドに腰掛けさせると、
「医者を呼んで参ります」とサクラは一礼して部屋を出て行った。


パタンと静かにドアが閉められ、一人だということを実感したとき、
あたしの目からは不思議と涙がこぼれた。



――帰りたい。



あたしの知っている道明寺がいる元の世界へ。
現実の世界のあたしの恋は、こっちの世界のツクシのように決して上手くいっていないけれど。
それでも・・・



コンコン


ノックの音が聞こえた。慌てて袖で涙を拭いて「どうぞ」と声をかけた。


「医者をお連れしました」

部屋に入って来たサクラが背の低い老人を連れてきた。
占い師のように深くフードを被っているので、顔はわからない。


「・・・・・・おやおや、もうホームシックかい?
あんたはもっと骨のある奴だと思ってたけどねぇ」


聞き覚えのある声。まさか・・・
彼女は、そう言うと持っていた杖でトントンと床を叩く。


「・・・やれやれ、あたしがわかんないのかい?」


フードを取り、意味ありげにあたしを見てニヤリと笑うその人は、現実の世界であたしが「タマさん」と呼んでいる、彼女にそっくりな人だった。




遅くなって申し訳ございません。
読んでいただけると幸いです。
まだ続きます・・・・・・。というか、いつ終わるかなぁ。
気長にお付き合い下さい。


ドラマ終わりましたね。
勢い的には、パート3ありそうな予感。
思った以上に高視聴率でしたし・・・・・・。
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント◇

このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/09(金) 01:54:45 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/30(月) 15:35:42 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/01(金) 14:03:23 | | #[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
◇トラックバック
スポンサーサイト 夢の国で会いましょう。【4】のトラックバックURLはこちら
http://hanayoridango.blog23.fc2.com/tb.php/16-aecf8aad
◇夢の国で会いましょう。【3】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。