上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
夢の国で会いましょう。【2】 明けない夜を願って-LAI 2006年02月27日[02:36]
「夢の国」の中でも、やっぱり道明寺は道明寺だった。


あたしと同じようなビラビラの服を着た女性達の視線と黄色い声を一斉に受けていても、相変わらず自分に関心のないことには無愛想だった。そして…えーと、あの格好は何て言えばいいんだろう?
…とりあえずあたしが知っている道明寺と同じで、「夢の国」の彼もその身なりはどこから見てもお金持ちにしか見えなかった。…悔しいけど、やっぱりかっこいい。


って、あたしはあいつに見惚れてる場合じゃないか。
現実の世界のあいつは今頃何しているんだろう、とあたしの胸はチクンと痛む。
思い切って話し掛けようかと思ったけれど、多分ここは現実とは違うはずだ。厄介なことに巻き込まれるのはやめておこうと思い、あたしは道明寺の視界にできるだけ入らないように、遠回りしながら通り過ぎたそのとき、



「ツクシ!」


びっくりして声のする方を振り向くと、そこにはいかにも街娘の格好をした優紀がいた。


「おばさんのお使い?」


そう言ってにっこり笑う「夢の国」のユウキ(現実の世界と分けるために、一応カタカナで)は、やっぱりあたしの知っている親友そのものだった。ホッとしたのか、あたしの涙腺がじわじわと緩み出した。


「ツ、ツクシ?どうしたの?何かあったの?」


驚いて心配そうにあたしの顔を見つめるユウキ。その眼差しは本気であたしのことを心配している。彼女ならあたしのことを話せるかも…、とあたしは決意して口を開いた。


「…何でもないよ。…ね、大切な話があるんけど…今から話す話、笑わないで聞いてくれる?」


同じ名前の「もう一人のあたし」が確かに存在しているのに、なぜか「夢の国」にいる「現実のあたし」。もう一人のツクシはどこに行ってしまったのだろう。そしてなぜあたしはここにいるんだろう?



二人で歩きながら話し始めたそのとき、あたし達の前に突然立ちはだかったのは、不機嫌な表情であたしを見つめる道明寺だった。








まだ続きます・・・。
SSと言いつつ、ちょっとロングになると思います。
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント◇

LAIさん、こんにちは。
「夢の国~」読ませていただきました。
つくしの不安な気持ちがすごく伝わってきて、
私まで胸が痛くなりました。
夢の国でも、司はつくしのこと・・・
あぁ~続きが気になります!!
次回も楽しみにしています♪
2006/02/27(月) 17:25:29 | URL | mika #-[ 編集]
一体「夢の国」って何処なんだろう。
どうして・・・?ってつくしが悩むのと同じように悩んでしまうw
せも、切ない気持ち・・・(*'へ'*) ンー
今後の展開すっごい気になりますね!
楽しみにしていますっっ!!
2006/03/01(水) 19:43:04 | URL | 京 類架 #-[ 編集]
続きを書いていたら、時間切れのため、全部消えました…(涙)
よって、今日は寝ます…。

>mika様
ありがとうございます。お待たせしました。
いつもと違う感じで書いているので、私自身もちょっと変な感じ…(笑)
細々と続けますので、どうぞ読んでやって下さいね。

>類架様
このブログって、ログインしてから一定時間が経つと書いた内容を投稿しようと思っても消えるんですね…。やってしまいましたよ・…(涙)
「夢の国」ですか…儚いような儚くないような…。
気長にお付き合い下さいm(__)m
類架さんのSSも楽しみにしております(^^)
2006/03/03(金) 03:08:38 | URL | LAI #-[ 編集]
この内容はすごく面白くて私は大好きなのでもっとたくさん書いて下さい楽しみに待っています
2008/08/13(水) 23:35:27 | URL | ゆう #7Vwe54W6[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
◇トラックバック
スポンサーサイト 夢の国で会いましょう。【2】のトラックバックURLはこちら
http://hanayoridango.blog23.fc2.com/tb.php/12-d1b46f8a
足りない・・・◇ ◇夢の国で会いましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。