上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
あたしと風邪と彼と。 明けない夜を願って-LAI 2005年10月30日[22:23]
10月。
制服も衣替えになり秋を実感し始めた頃、少しずつ風も冷たくなってきたのにあたしは油断してたらしい。「体力だけは自信がある」と過信しすぎていたのか、朝から何だか身体がだるいのに気が付いていなかった。
だって、貴重な収入源であるバイトを休むわけにはいかないし。
仕事の都合で、パパとママからの収入は期待できない。


「・・・つくし、何か顔、赤くない?」

「そう?気のせいじゃない?」


放課後、バイト先の和菓子屋で優紀とたわいのない話をしながら接客していると、いつもと違ってミスの多いあたしを変に思ったのか、優紀はあたしの顔を覗き込んできた。
優紀の手がさっとあたしの額に伸びると、あたしは振り払う余裕もなく熱を感じ取られて、強制送還されることになってしまった。


「・・・全くもう、自分で気付かなかったの?あとは私がやっておくから、家でゆっくり休んでなよ」


「ごめん」とあたしは言うと、よろよろと立ち上がった。
こんな時の優紀には逆らわないほうがいい。
あたしは事務室に置いてある自分の荷物を「よいしょ」と肩にかけると、優紀がニヤニヤしながら言った。


「・・・あ、そうそう、つくしが着替えてる間に偶然道明寺さんが来てね、
つくしのこと、家まで送ってもらうようにお願いしておいたから」

「・・・なっ!」


文句を言いかけたあたしの口を優紀が慌てて塞ぐ。

「いいから!たまには彼氏に甘えなよ。・・・素直になってよ、つくし」

「・・・」

「さ、道明寺さん、待ってるよ。」


ポン、とあたしの背中を押して優紀は笑った。







外に出ると「いつまで待たせるんだ、てめぇ」オーラを放った道明寺が腕を組んで仁王立ちしていた。
あたしは熱があるのと何となく照れくさいやらで、赤い顔で彼を見た。
だんだん赤くなっていく熱のせいで、少し瞳がうるんでいたのかもしれない。
そんなあたしを見て彼は何を思ったのか、さっきまで青筋立てていたのはどこへやら、ふっと溜息を吐いて「行くぞ」とあたしの腕を取ると、表で待たせていたベンツに詰め込まれた。





走り出した車の中で、しばらく続く沈黙。先に破ったのは道明寺だった。


「・・・本当にバカだな、お前は」

「何よ、いきなり」


熱があるのに、これ以上しんどくさせないでよね、とあたしは釘を刺す。


「辛いならすぐ俺を呼べばいいのに」

「・・・風邪ごときで、あんたを呼ぶわけにはいかないでしょ?お互いの生活があるんだから」

「・・・好きな女が苦しいときに、助けてやりたいって思うのはだめなのかよ?」

「・・・」


ある意味純粋に育ちすぎた彼の口説き文句に、あたしは嬉しい半面、少しだけ腹立たしさを感じた。
いつも自分の気持ちに素直でいられたら、どんなにいいか。
彼の好意にどっぷりつかってしまうことができたなら。
でも、それはあたしのプライドが許してくれない。


あ、やばい。

「・・・道明寺・・・」

少しずつ熱が高くなっていくのがわかる。
ぼーっとしていく頭の中で、これだけは、と道明寺に言った。


「・・・バカ・・・」


ぼやけていく視界の中で、彼が怒っている顔が歪んで見えた気がした。





***




目覚めると、豪華なシャンデリアが目に映った。


「・・・お目覚めになりましたか?お熱が高くて心配していたんですが、風邪ですって。もう大丈夫ですよ。お医者様もそう言ってましたし。ぼっちゃんも心配されて・・・」


お手伝いさんがあたしの顔を見てにっこり微笑む。
・・・ということは、あたしはあのまま道明寺の家に運び込まれたということに・・・。
あたしは「またやっちゃった・・・」と血の気が引いて、恐る恐るお手伝いさんに聞く。


「・・・すみません。本当にありがとうございます。
・・・司さんは?」

「ぼっちゃんなら多分、もうすぐ・・・」


近づいてくる足音がドアの前で立ち止まったかと思うと、バンと勢い良くドアが開いた。
身体を起こしたあたしの顔を見て、道明寺はほっと溜息を吐く。
お手伝いさんは「ご用事があれば何なりとお呼びくださいね」と言うと、そそくさと入れ替わりに部屋を出て行った。


「体」

「へ?」

「もう、大丈夫かよ?」

「・・・あ、うん。おかげさまで。ごめん。いろいろありがとね」

「医者が言ってた。過労もあるって。最近、頑張りすぎてたんじゃねーの?」


ベットの端に座ってあたしを見つめる眼差しは、心配そのものだった。
真っ直ぐ見据えられて、あたしは思わず視線を逸らす。
抱え込んだ膝に視線を落とした。


「普通にしてたつもりだったのにな・・・言われてみれば、学校のテストもあったし、バイトも増やしたからちょっと忙しかったかもしれないけど」


道明寺が呆れた顔であたしを見た。


「ま、お前らしいけど。・・・丸一日熱でうなされてたんだぞ」

「げ、そんなに?今何時?どうしよう、バイト・・・」

「今は夜の8時。そう言うと思って、お前の友達に都合つけてもらうように連絡しておいた。
どうせ病み上がりじゃ、すぐには無理だろ?うちでゆっくり休んでいけよ」


「・・・ありがと・・・」


あたしは道明寺の根回しの良さにすっかり感心しながら、ふとあることが気になって聞いてみた。


「・・・ねぇ、あたしが寝ていた間、変なこと口走ってなかった?」

「・・・ああ。そういえば言ってたなぁ。」


そう言って、彼は意味ありげにニヤリと笑った。


「『バカ』とか・・・」


げっ!


「俺がベッドから離れようとしたら、『何でそばにいてくれないの?』とか・・・」


げげっ!


「『寂しいから添い寝してよ』とか・・・」


げげげっ!


「・・・最初のはわかるけど、あとの二つはあんたの創作でしょっ?絶対あたし言ってない!」

「・・・いや~、俺って愛されてるんだなぁ。」


「嘘だ」と抗議する人の言葉を無視して、ハハハと楽しそうに笑う彼にあたしは枕を投げつける。


「ほらほら、病み上がりが。また熱出るぞ」

「誰のせいよっ!」


「もう知らない!」とあたしは、彼の視線を遮るように反対側を向いてシーツに深く潜り込んだ。
寝言を言っていない自信がないだけに、彼の言うことだ。ひょっとしたら、あたしは本当に心の底の願望を口走ってしまったのかもしれない。
お互い忙しくて、なかなか会えなかったから・・・


助けてもらったのに、あたしはいつも意地っ張りというか・・・
多分、彼は呆れてあたしを見ていることだろう。



足元の方に座っているはずの彼の気配がふと消えた気がして「あれ」と思うと、シーツの上から大きな手で頭が撫でられるのを感じた。
すぐ隣に彼がいる。
シーツを取り去って振り向けば、今あたしが欲しいものはきっと手に入るのに、「かわいくないあたし」は背中を向けたまま、それができなかった。


やがて、そろそろとシーツが引っ張られて。

「牧野」

道明寺があたしを呼ぶ。
あたしはどういう顔をしたらいいんだろう、と思いながら彼の方を向いた。


困ったような嬉しいようなあたしの複雑な表情に、道明寺は「すげー顔」とプッと笑う。

「何よ・・・」

いつものように言い返そうとしたあたしの言葉は、近づいてきた彼の唇にあっという間に飲み込まれてしまった。
・・・彼は一番ずるいやり方で、いつもあたしの全てを支配するのだ。そしてあたしは心の底で、それを与えられることを本当は待っているのかもしれない。


あたしの中の「女」の部分が彼を欲して、鳴いた。
明け方まで、あたし達はお互いのぬくもりを求め合う。

夜明けが来ないことを心の底から願ったのは、生まれて初めてかもしれなかった。



「・・・風邪、うつるかもよ」

「・・・人にうつすと、早く良くなるんだろ?」

「・・・見舞いには来ないよ?」

「・・・お前ね・・・」





案の定、風邪をうつされた彼があたしを振り回すことになるのは、また別のお話。








◆後書き・・

スポンサーサイト
オレンジな夜 色々な夜-類架 2005年10月21日[00:13]
秋になり、少し肌寒い夜は、花沢類が散歩をする。

あたしのバイトが終わって帰る頃、店の前で待っててくれる。


 「お疲れ様。」
そう言って微笑む花沢類のあったかさが、言葉では中々言えないけど。


好き。





今日つくしは、早めにバイトを上がり、二人で何をするわけじゃでもブラブラと歩いていった。
つくしの弟進は、両親の所へ泊まりに行っていて、特にご飯を作らなくてはいけないと言うコトもないので、
久しぶりにデートをすることになったのだ。

まだ7時だというのに、もう真っ暗で。
とは言っても、街灯や店の明かりが眩しい。
目に留まる可愛く飾られたオレンジ色のカボチャが、そこここの店に飾られている。

そんな中で、一際つくしの瞳を惹きつけたのは、小さなカボチャのついたストラップ。
そのカボチャは、鈴になっており、秋を感じさせる澄んだ音を奏でた。

 「欲しい?」
 「あ、ううん高いしね。でも可愛いなーと思って。」
値札に溜息を吹きかけ、棚に戻したつくしはそう言って明るく微笑む。

 「そ。」

そう言いながらも類は、ストラップをもって店内へと入っていった。

 「え、ちょっと!花沢類?!」

先に歩き出していたつくしが振り向き、店内に追いかけようとドアを開けた瞬間。

 「はい。お中元。」

唐突な花沢類の言葉に、口のしまりが悪くなる。
 「もうお中元の季節じゃないと思うんだけど。。。」

 「じゃあ、プレゼント。」
 「も、貰えないよ。誕生日とかでもないのに。」
類は手のひらに小さな紙袋を乗せて、少し考え込んだ。

 「好きな女の子にプレゼント上げたいって思っただけなんだけど。」
小首をかしげてつくしの様子を伺う類の仕草に、つくしの胸が大きく跳ね上がった。
上昇する体温に、赤面しているであろう顔が見えないようにと
つくしはうつむいた。

そして、もごもごとしながらも、手を差し出す。
類はつくしの手にそれを乗せて、また歩き出した。


 「ありがと。」


 「どういたしまして。」




早速携帯にストラップをつけて、夜空にかざしてみる。
チリーン

 「ありがと、花沢類。」
 「一回で良いよ。そんなたいそうなものじゃないしさ。」
 「うん、ありがとう。」

また、小さく鳴らしてカバンへいれた。

 「そういえば、花沢類ってハロウィンやったことある?」
 「あるよ。幼稚舎の時。」
 「へぇ!やっぱり日本でもやってる人居るんだ?」
 「あの時は、静がやりたいって言い出して、俺は無理やりだったんだけどね。」

 「ハロウィンって、お化けの格好するんでしょ?花沢類は何になったの?」
 「確か、ミイラ男。で、総二郎がドラキュラ、あきらが狼男。司はフランケンシュタインだったかな。」

つくしは道明寺家でみた、幼稚舎の頃のF4を変身させて大笑いした。

 「あはははっ!すっごいハマってるかも!」

 「牧野だったら何になりたい?」

 「お岩さん。」
即答で返事をしたのは良かったけど、すぐに後悔した。

 「牧野がお岩さん・・・。ぷぷーーーーっっ!」
泣くほど笑うことないじゃない。だって・・・。
 「日本人なんだから、日本のお化けだっていいじゃない!
 もう、花沢類笑いすぎっ!それで、そのあとどうしたのよ!」

ごめんごめんと言いつつも、悪びれた素振りもなく、類はお腹を抱えながら続けた。
 
 「それで、幼稚舎のクラスの奴等の家に行って、お菓子を貰ってたんだけどさ。
 半分くらいの家で断られて、司が思いっきり生卵投げつけてた。
 たぶん、あれがやりたかったんだろーね、司は。」

類は思い出しては、笑い、また話しを進める。

 「最後は、4件立て続けに断られてさ。次の家で断られたら生卵の嵐だーって司が、
 ポケットとかに生卵詰め込んで両手にも持って、そしたら着いた家の玄関先で転んで・・・ぷぷぷっ!」

そのラスト、言わなくっても想像がつくから怖い。

 「結局、司が全身生卵になって帰った。ぷぷっ。」


しかめっ面で、偉そうに歩いていく生卵星人・司を想像して、
つくしと類はまた、大笑いした。



 「そういえば、アンタも頭につけてたね。生卵。ぷ。」
赤札を貼られた時の悪夢が蘇って、類を追いかけてた頃を思い出して・・・。

 「もう!あのときの話はしないでよっ!」

 「なんで?面白かったよ?」

 「だから、やめてってばぁぁぁぁ!!」




 「あ、そうだ。今度のハロウィン、一緒にやろっか。」

 「え?!やりたい!」

 「特殊メイクアーティストに頼んでさ。牧野のお岩さん見てみたいし。ぷぷぷっ。」

 「それが観たいだけ・・・じゃ?」

 「うん!」




あのねー・・・。




そして、つくしは特殊メイクで「お岩さん」になり、類はまたミイラ男。

最初に行った総二郎宅では、すぐに「何やってんだ?」と素で言われ、
次に行ったあきら宅では、逆に脅かされ。

総二郎、あきらも仮装して、司宅へ行くと、
驚きの余り、司は総二郎とあきらを殴り蹴りたおし。
F2は慌ててメイクを剥ぎ取った。

つくしと類は、顔を見合わせくすりと笑う。
今までで一番楽しいハロウィンを過ごせたお礼に、つくしは類の頬にキスをした。

 「ありがと、花沢類。」
 「どういたしまして。」

「そこー!何イチャついてんだよー!!」
司も仮装して、さ!次はどの家に行こうかな?




小さな鈴の音が聞こえたら、きっとつくし達が・・・。
ピンポーン!

あ、ほら!









END




◆後書き・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。