上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
夢の国で会いましょう。【4】 明けない夜を願って-LAI 2007年03月17日[03:18]
「さあ、着いたぞ」

無理矢理乗せられた馬車に揺られて30分。
デュミエール邸は、あたしの知っている道明寺邸以上に立派で。
・・・というか「お城」そのものだった。
思わずぽかんと口を開けてしまったあたしに、
こっちの世界の道明寺はぶっと吹き出して笑った。


「お前、相変わらず馬鹿面だな」

「・・・馬鹿に『馬鹿』と言われたくない」

「あ?何か言ったか?」


多分聞こえたんだろうけど、聞こえないふりをした道明寺は、
馬車を降りると、ぐずぐずしているあたしの体をひょいと持ち上げて降ろしてくれた。


「・・・あ、ありがと」

「おう」


何か、調子が狂う。
現実の、あたしが知っている道明寺よりも、こっちの道明寺は口の悪さは同じだけど・・・
どちらかというと紳士的で優しい(気がする)。

美しく手入れされた広い庭。
開かれたドアの先には、昔、道明寺邸で見たのと同じように
使用人の人達がずらっと並んであたしたちを迎えてくれた。


「お帰りなさいませ。デューミエール様」

「おう」


そのとき、一人の若い女性があたしの方へ笑顔で近寄ってきた。
それは見たことのある顔だった。


「まあ、ツクシ様。いらっしゃいませ。今日は、ツクシ様の好きな
新しい花を仕入れたのですよ。よかったら見ていかれませんか?」

「え? 桜子? どうしてここにいるの?」


メイドの服を着てあたしに笑いかける女の子は、紛れもなく桜子だった。びっくりするあたしの顔を見て、桜子は不思議な顔をした。


「桜子? 私の名前は『サクラ』ですわ。
ツクシ様ってばお忘れになったのですか?サクラ、悲しい」

そう言って、ショックを受けたように顔を伏せて少し涙まで浮かべているサクラは、あたしの知っている桜子から小悪魔的な性格を無くしたように見えたのだった。
どうやらこの世界のツクシは、デューミエール家の使用人達と上手くやっているようだ。
あたしは何て答えたらいいのかわからず、困ったように道明寺を見た。

「ああ、こいつ、ここ数日間の記憶がないようなんだ。
で、医者に診せるために連れてきた。いつもの部屋に案内してやってくれ」

「・・・まあ! そうでしたか。それはお気の毒に。
すぐ主治医をお呼び致します。ツクシ様はこちらへどうぞ」

「そういうことで、また後でな」

ニッと笑って手を振ると、道明寺はすぐ秘書らしい人と話し始めてドアの向こうに消えた。
あたしは桜子にそっくりな「サクラ」に連れられて、この世界の道明寺の言う「いつもの部屋」に向かった。「いつもの部屋」というくらいだから、何度もこの世界のあたしはデューミエール邸に来ているのだろう。
優しいサクラに時折体調を心配されながら(桜子そっくりだから調子が狂う)、長い廊下を歩いて案内された部屋を見て、あたしはこの世界のツクシがいかに大切に道明寺に想われているのかわかってしまった。

この世界のツクシも、多分贅沢があまり好きではないらしい。
豪華な装飾品がない代わりに、ツクシの好きそうな花が所々に美しく飾られている。
ツクシが過ごしやすそうに、できるだけ気を使わなくてもよいように部屋の色は白で統一され、思ったよりも広くない部屋だった。
花が好きらしいツクシがいつでも外に出て花を見られるように、
暖かな日差しの差す窓の向こうには、色とりどりの花が咲き乱れているのが見える。


元の世界の道明寺邸で過ごした記憶が蘇る。
ぼんやりとしているあたしをベッドに腰掛けさせると、
「医者を呼んで参ります」とサクラは一礼して部屋を出て行った。


パタンと静かにドアが閉められ、一人だということを実感したとき、
あたしの目からは不思議と涙がこぼれた。



――帰りたい。



あたしの知っている道明寺がいる元の世界へ。
現実の世界のあたしの恋は、こっちの世界のツクシのように決して上手くいっていないけれど。
それでも・・・



コンコン


ノックの音が聞こえた。慌てて袖で涙を拭いて「どうぞ」と声をかけた。


「医者をお連れしました」

部屋に入って来たサクラが背の低い老人を連れてきた。
占い師のように深くフードを被っているので、顔はわからない。


「・・・・・・おやおや、もうホームシックかい?
あんたはもっと骨のある奴だと思ってたけどねぇ」


聞き覚えのある声。まさか・・・
彼女は、そう言うと持っていた杖でトントンと床を叩く。


「・・・やれやれ、あたしがわかんないのかい?」


フードを取り、意味ありげにあたしを見てニヤリと笑うその人は、現実の世界であたしが「タマさん」と呼んでいる、彼女にそっくりな人だった。




◆後書き・・

スポンサーサイト
あたしを睨み付けるようにじっと見つめる道明寺。
いつの間にか、隣にいたユウキがあたしから一歩後ろに下がった位置にいて、うやうやしくスカートの裾を少し持ち上げてお礼をしている。


どうしよう…。


どうしたらいいのかわからず、とりあえずユウキの真似をしようとした時、道明寺は黙ったままあたしの手を取り、その手の甲に昔話に出てくる王子様のように膝を折ってキスをした。


…びっくりした。
目の前の彼は紛れもなく道明寺に見えるけれど。こんなことされたことないし。
呆気にとられているあたしは、そのままゆっくり顔を上げた彼と目が合ってしまった。
行動とは裏腹に、彼の瞳は不機嫌そのものだった。


「…お前、この間送った手紙読んだか?」

彼が細い眉毛を少し吊り上げながら言った。


「て、手紙?」


何のことだかわからなかったので、とりあえずブンブンと首を横に振った。そんなあたしを見て堪忍袋が切れたのか、道明寺は突然怒り出す。


「…3時間も待ったんだぞ! このデューミエール家の後継者である俺様が3時間も!なのにお前は連絡一つ寄越さなかった! 俺がどんなに心配してたか……」


彼の大声に周りにいた人は何事かと足を止めて、好奇の目であたし達を見ている。
突然そんなこと言われてもあたしだってわからない。
ただわかるのは、この異世界で「もう一人のあたし」が目の前の道明寺と関係があるということだ。
あたしはユウキに「助けて」と困った視線を送ると、ユウキは察してくれたのか、あたしの腕を取って道明寺にこう言った。

「すみません。デューミエール様。実は…家の手伝いをしている途中、
誤って頭を強く打ったみたいで、ツクシはしばらく寝ていたんです。」

え、とあたしは思わずびっくりしてユウキを見る。
目の前の道明寺はもっと驚いた顔をしていた。
ユウキは心配そうな表情でなおもこう続けた。

「…とりあえず、あたしも今日つくしのおば様から聞いて初めて知って驚いたんですが…。ツクシは頭を打ったショックでここ数日の記憶を忘れてしまったようで…。」


ユウキはそう言ってあたしに向かって意味ありげに片目をつぶって見せた。あたしはその意味に気づいて「そうなの!」と首を縦にぶんぶん振った。
道明寺はそんなあたし達の様子をじーっと蛇のような目つきで見ていたけれど、溜息を一つ吐いてあたしの手を再び取った。


「…わかった。お前、とりあえず家に来い。一回うちの主治医に診てもらおう。」

「えええ、とんでもない!もう大丈夫よ。あたしこんなに元気だもん。
記憶ったって、ほんの数日だし。そりゃ、あんたとの約束を破ったのは悪かったけど…」

あたしは握られた手を慌てて振り解く。
もしこいつの主治医に診てもらったら、道明寺(この世界ではデューミエールかな)が知っている
「ツクシ」じゃないってばれてしまうかもしれない。
この世界ではあたしは完全によそ者だ。じゃ、この世界にいた「ツクシ」は一体どこに行ってしまったのだろう?

難しい顔をして黙り込んでしまったあたしを見て、道明寺は「とりあえず…」と続ける。


「お前のかーちゃんに言って、しばらくうちの城で養生するように頼んでやるよ」

「…って、ええ!」

「…そのリアクション、いつもとなーんか違うんだよな」


そう言ってあたしを見つめる道明寺の視線に、あたしはどきっとした。
さすが、野生の勘。


「そ、そう?」

「……俺の知ってるあいつは……って、やっぱやめた」


柄にもなく何か思い当たることがあったのか、少し赤くなって何もなかったように空を仰ぐ道明寺を、あたしは「これ以上道明寺が余計なことを思い出しませんように」と祈りながら言葉を返した。


「…まあ、別にいいけど。頭強く打っちゃったからじゃないかな。ほら、数日分の記憶がないし」

「ああ、だからこそ働いてばかりいないで、たまにはゆっくりした時間をとった方がお前にとってはいいと思うんだよな」


あたしはこれまでのどたばたした日常を思い返した。
生活のためのバイトばかりで余裕がない日々。
そして思いもよらないトラブル。
F4に出会う前の自分の願いだった「平和な日常」は、もはや望めないことになってしまったのだ。
そして、気がついたら知らない世界にいる自分。


「…そうね…たまにはゆっくりしたい…」

「じゃ、決まりだな」

きっと昔を思い出して、遠くを見ていたのだろう。
思わず口に出てしまったらしい。
売り言葉に買い言葉。はっとした時には、時すでに遅し。
あたしは道明寺にふわっと抱えあげられたかと思うと、何時の間にかそばに停まっていた馬車に放りこまれた。


「ちょ、ちょっと…あたしまだ一緒に行くって言ってない!」

「俺には『YES』と聞こえたんだけど?」


そう言ってニッと笑って答える道明寺にあたしは呆然として、思わず後ろを振り返る。少しずつ小さくなっていく景色の中に、あたしと同じように呆然として立っているユウキの姿が見えた。
目の前に座っているのは、今にも口笛を吹き出しそうな機嫌のいい道明寺。そしてこの知らない世界でも彼に振り回されている自分。


あたしは「どうしていつもこうなんだろう」と深い深い溜息を吐いて、目を閉じた。






◆後書き・・

寝過ぎて体のあちこちが痛い。

ナースコールで体勢を変えて貰う。
つい、癖で看護師を口説いちまいそうになった。

が、一瞬牧野つくしの顔がよぎって笑えた。
顔を真っ赤にして怒ってる牧野つくしだったから。

体勢を変えて貰ったついでに、カーテンを開けて貰う。
まだ夜中だ。
半端な時間に寝たからだろうな、と総二郎は思い外の景色を眺めた。
何もない。

 「また何かあればすぐ伺います。」
そう言って彼女は少し顔を赤らめて微笑んだ。

ただ、薄い雲が月明かりに照らされ輝いていて、三日月へと変わっていくふくらみのある月があるだけ。



 「何か今・・・。なんだ?何か忘れてるような・・・。」


大事なことのように思えたそれは、朝になる頃まで必死で考えたが
答えは見つからないままかき消されてしまった。









 「西門さん?」

昨夜皆と少しお酒を飲んだつくしは、この3日の寝不足がたたり気がつけば桜子の家に居た。
コーヒーを一杯飲み家へ帰ってシャワーを浴び、つくしは急いで病院へとやってきたのだ。
だが、総二郎は昼前だというのにまだ眠っていた。

つくしは総二郎の寝顔を穏やかな顔で見つめる。
3日間、同じ顔をずっと見つめていたが、今日ほど穏やかな心持ちで見つめたのは初めてだった。

 「本と綺麗な顔立ちだよね。肌もすべすべ。うらやましー。」

つくしは総二郎の頬を指の背でなでた。
胸が高鳴るのを感じながら。


総二郎が目覚めるまでの時間、つくしはじっと眺めていたいと思った。
それでも自然現象には敵わない。
トイレへと席を立とうというとき、総二郎がかすれた声を発した。

 「ん・・・ん?牧野?」
 「あ、起きた?検査どうだった?何か飲む?もう痛くない?」

総二郎はくっと笑ったかと思うと、眉間にしわを寄せ手を挙げつくしの言葉を制した。

 「おま・・・んなに一気に聞かれても・・・っつーか、まだ腹痛いから笑かせんなって。」
つくしは笑わせるようなことは何一つ言っていないとでもいうように、きょとんとして総二郎を見た。

 「そのマシンガントーク、何かちょっと懐かしいなって思ってな。」

あっとつくしは声を漏らすと、ごめんなさいと照れくさそうに笑った。


それから、昨日みんなで飲んだときの話しを話した。
一人での時間は長く感じるが、つくしとの時間はあっという間に過ぎもう夕暮れ時になろうとしていた。

そんな夕焼け空を見て、総二郎はまた昨夜の思い出せない何かをまた思い出した。



 「な、俺あの日お前に何か言おうとしてなかったか?」

 「へ?」

 「いや、なーんか気になるんだよな。事件の前後が曖昧っつーか。
一時的なもんだって言われたから特に気にしなくてもいーかとは思うんだけど、なーんか気になって。」

つくしは事件の前を思い出そうと目を凝らした。


 「んー、別に特に変わったことはなかったと・・・あ、何か話しがあるって言ってた。それかな?」

話し?俺が牧野に・・・。うーん、何考えてたんだ俺。

 「そう、あの日電話かけてきたのは覚えてる?お昼位だった、今夜話しがあるって。」

記憶をたどっていくけどわからない。

全く解決しないまま、牧野はまた家へと帰っていった。
昨日と同じ言葉を残して。



サイドボードの引き出しに入っている俺の私物。
何かヒントになる者は無いかと探ってみた。

 「スケジュール帳・・・。」

良い物発見、と頬を緩め、手帳をぱらぱらとめくっていく。
かすかに香水の香りがした。
普段付けている香水。
たしか、牧野が好きな香りだと言って以来、ずっと同じ香水を愛用してたんだっけか。

事件3日前。
この日は覚えてる。
牧野からメールがあって、けどパーティ出席予定だったから断ったんだ。

あれ?
その日の埋め合わせに事件の前の日に会う予定だったよな。

いつもなら時間と場所が書いてあるはずのその欄。


 「これって・・・三日月か?はぁ?なんだこれ。」







熱気も消えいき、冷ややかな病室に一人。
俺はまた眠れない夜を過ごす。


牧野の香りにくすぐられ、今夜の月を遠くに眺めながら月を思った。




◆後書き・・

目が覚めると、病院のベットの上だった。

























 「西門さん、気がついた?ココ、病院。3日も眠ったままだったんだよ?解かる?」



瞳を潤ませながら、覗き込んでくる女は「牧野つくし」だった。



どうして病院に居るのか、蜘蛛の糸のように細い糸を手繰り寄せる。

けど、解からない。





 「もう!このまま目が覚めないんじゃないかって思っちゃったじゃない!」

つくしは総二郎の手を力いっぱい握って抗議する、その手は小刻みに震えていた。

 「俺、なんで・・・?」

少しかすれた声。小さく咳払いをした途端、総二郎はわき腹に走る痛みに顔をゆがめた。



 「大丈夫?!痛む?手術は成功したらしいけど、まだもうしばらくは安静にしてなくちゃダメだよ。」



 「手術?一体俺は・・・・・・?



総二郎の言葉に、つくしは顔が青ざめていくのがわかった。

 「西門さん・・・まさか・・・・・・あ、あたし、が・・・誰か解かる・・・?」



 「誰って、牧野つくしだろ?俺は西門総二郎。あのな、この状況でその顔やめろよ?ちゃんと覚えてるっつーの。」



多分牧野はつかさが記憶喪失になったときの事を思い出したんだろう。

安心したのか牧野は小さく息をついた。

まだ頭がボーっとする。



 「で?俺なんで病院に居るんだっけ?」

 「え?だって覚えてるんじゃないの?」

 「あー・・・いや、何か起きたばっかで、頭がボーっとしてて。」



 「西門さん、刺されたんだよ。あたしと会って、飲みにでも行くかって歩き出した時に女の人がナイフで・・・。」

女の人、すごい綺麗な人だったと思う。

西門さんを刺したナイフ持ってその人「総二郎総二郎」って泣いてた。

あたし、すぐ救急車呼んで・・・でも意識がなくって。やっと目が覚めたんだよ?



 「そっか。悪かったな、迷惑かけて。」



ううん、とつくしは頭を振った。

そして、一瞬顔を赤らめたかと思うと、握っていた手を解き皆に知らせてくると足早に部屋を出て行った。









それから間もなくして、司達がやってきた。

労わるどころか、桜子やあきらは「だから言ったのに。」と毒づかれ、

類は「総二郎なんてやめちゃって俺にしとけばよかったのに。」と牧野に言ったり・・・。

俺が動けないのを良いことに、好き勝手言ってやがる。

実際、過去の女が原因でこうなったから、何も文句はいえねぇけど。



 「でも、ほんと良かったですね。一時期はどうなる事かと心配しましたよ。」

 「そうそう。つくしなんてすっごい心配して、類くんが居なかったら壊れちゃうんじゃないかって思ったもんね~?」

類が居なかったら?

 「もう!!滋さん、やめてよ!!恥ずかしいから。」

つくしは真っ赤に頬を染めて、手をばたつかせて滋の側へ走り寄った。

 「えーだって~、ほんとのことだもん、ね~?類くん。」

小首をかしげて、小悪魔のほうに微笑む滋・・・に見えたのは俺だけか?

 「別に。」

コイツ・・・しれっとした顔しやがって・・・。



 「あ、そうだ。つくしの着替え持ってきたよー。」

 「わ、ありがとう。すごい助かります。もう持ち合わせの分なくって困ってたから。」

 「おいおい、まだ付き添いすんのかよ。もう総二郎も意識戻ったんだから、牧野も今日から家に帰れよ。」

みんなが頷き賛同する。

 「でも、ほら。ココってお風呂も着いてるし。」



確かに、ココには風呂もベットもある。普通のワンルームと変わらない設備が整っている。

が、動けないとはいえ一応俺も男だぜ?

そんな俺の頭の中を読んだのか、急に納得したようにさっきの言葉を訂正した。

 「じゃあ、今日は帰ろうかな。もう心配ないだろうし。」



確かに・・・でも何かムカつくぜ?その切り替わりよう。



 「あ、じゃあこのまま一緒に飲みに行こうよ!せっかく皆揃ってるんだしっ!」

滋の提案に俺だけが食いつく。

 「俺は揃ってねーけどな。」

 「自業自得でしょ。」

類の冷たい突っ込みに、皆が笑った。

 「ってことは、類も久々に来るってことだな。」



全員一致で飲みに行く事が決まった。・・・らしい。

 「またお見舞いに着てあげるからね~。」

 「お大事に。」

 「早く治せよ。」

と口々に声をかけ滋が先頭を切って部屋を後にした。



最後に一呼吸置いて、つくしが言う。

 「また明日来るから。安静にしててくださいね。」

 「マジでサンキューな。」



静かに閉められたドアの向こうで足音が遠ざかっていく。















まるで嵐のような奴ら。

誰も居ない部屋に一人天井を仰ぐ俺は、流石に体がだるい。

寝起きに10キロマラソンを走らされた気分だ。



総二郎は細く長い息をつくと、目を閉じまた長い眠りについた。

















◆後書き・・

「夢の国」の中でも、やっぱり道明寺は道明寺だった。


あたしと同じようなビラビラの服を着た女性達の視線と黄色い声を一斉に受けていても、相変わらず自分に関心のないことには無愛想だった。そして…えーと、あの格好は何て言えばいいんだろう?
…とりあえずあたしが知っている道明寺と同じで、「夢の国」の彼もその身なりはどこから見てもお金持ちにしか見えなかった。…悔しいけど、やっぱりかっこいい。


って、あたしはあいつに見惚れてる場合じゃないか。
現実の世界のあいつは今頃何しているんだろう、とあたしの胸はチクンと痛む。
思い切って話し掛けようかと思ったけれど、多分ここは現実とは違うはずだ。厄介なことに巻き込まれるのはやめておこうと思い、あたしは道明寺の視界にできるだけ入らないように、遠回りしながら通り過ぎたそのとき、



「ツクシ!」


びっくりして声のする方を振り向くと、そこにはいかにも街娘の格好をした優紀がいた。


「おばさんのお使い?」


そう言ってにっこり笑う「夢の国」のユウキ(現実の世界と分けるために、一応カタカナで)は、やっぱりあたしの知っている親友そのものだった。ホッとしたのか、あたしの涙腺がじわじわと緩み出した。


「ツ、ツクシ?どうしたの?何かあったの?」


驚いて心配そうにあたしの顔を見つめるユウキ。その眼差しは本気であたしのことを心配している。彼女ならあたしのことを話せるかも…、とあたしは決意して口を開いた。


「…何でもないよ。…ね、大切な話があるんけど…今から話す話、笑わないで聞いてくれる?」


同じ名前の「もう一人のあたし」が確かに存在しているのに、なぜか「夢の国」にいる「現実のあたし」。もう一人のツクシはどこに行ってしまったのだろう。そしてなぜあたしはここにいるんだろう?



二人で歩きながら話し始めたそのとき、あたし達の前に突然立ちはだかったのは、不機嫌な表情であたしを見つめる道明寺だった。








◆後書き・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。